Google AdSenseの表示が遅いとき
少しでも高速化させる2つの方法

2019-02-22

ウェブサイトの最初の収益化と言えば、やっぱりGoogle AdSense。

Google AdSenseで広告を掲載していると、どうも広告の表示速度が遅いと感じることがあります。

サイト全体の表示はぱっと出るけど、広告だけが遅れて表示されたりしませんか?

サイト自体の高速表示はレンタルサーバーの性能による部分が大きいですが、Google AdSenseの表示だけが遅い場合は、サーバー性能の問題ではなさそうです。

広告の表示速度が遅いと収益にも影響があるので、少しでも改善しようと2つの高速化を試してみました。

「DNSプリフェッチ」と「読み込みコードの一元化」です。

順番に見ていきましょう。

\項目をタップするとジャンプできます/

DNSプリフェッチ

Google AdSense広告の表示を少しでも高速化させるために、最初に試したのが「DNSプリフェッチ」です。

DNSプリフェッチは、言わば「コードの先読み」機能で、Google AdSenseのコードを先読みさせる事で、少しでも速く表示させよう、というのが今回の「DNSプリフェッチ」です。

このコードはコピペでOK。「head」タグ内に下記を追加します。

HTML

<meta http-equiv="x-dns-prefetch-control" content="on">
<link rel="dns-prefetch" href="//pagead2.googlesyndication.com">
<link rel="dns-prefetch" href="//googleads.g.doubleclick.net">
<link rel="dns-prefetch" href="//tpc.googlesyndication.com">
<link rel="dns-prefetch" href="//www.gstatic.com">

DNSプリフェッチは、なるべく「ソースコードの上部」に記述することがポイントなので、文字コードのすぐ下あたりに置きましょう。

ただ、CSSなどの基本ファイルより先に読み込ませるぶん、サイト全体の表示がわずかに遅れる可能性もあります。

ちなみに、「DNSプリフェッチ」は通常「https:」サイトでは使えないらしいのですが、1行目の記述(「<meta http-equiv="x-dns-prefetch-control" content="on">」)を入れる事で、「https:」サイトでも使えるようになるそうです。

サイトをSLL化している場合は、必須ですね。

この先読み効果はいかほどか? というと、約200secほど時間短縮になるとの事。つまり0.2秒ほど表示が早くなるみたいです。

0.2秒とはいえ少しでも高速化できるならと実装して計測してみました。

サイトパフォーマンスの計測はGoogleさんの提供している「PageSpeed Insights」ツールもメジャーですが……

この時はモバイルで見た時の表示速度が気になっていたので、「Tink with Google」というモバイルサイトの表示速度解析ツールで比較。

この時の結果は「DSNプリフェッチ」追加前も追加後も、表示速度は2秒とのことでした(変わりなし)。

うん、まあ期待値0.2秒だからね……。

Tink with Google(無料)

読み込みコードの一元化

続いて、もう1つのGoogle AdSense表示の高速化の小技はこちら。

「読み込みコードの一元化」です。

自動広告だけを使っている場合は一元化の必要はないので、広告ユニットを作成して使っている場合の小技となります。

Google AdSenseのユニットは、Google AdSenseの「読み込みコード」と「ユニット設定」がセットで生成されています。

これをこのまま使って複数箇所に設置すると、広告ユニットの数だけ「読み込み」が発生して、そのぶん表示速度が落ちてしまいます。

この「読み込みコード」を1つで済ませようというのが、今回の「読み込みコードの一元化」です。

実は、Google AdSenseの「読み込みコード」は1つあればOK。

なので「読み込みコード」は「head」内のどこかで1回だけ読み込むようにして、それ以外の各ユニットの「読み込みコード」部分を削除して設置しましょう。

HTML

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

ちなみに、Google AdSenseコードの改造等は規約で禁止されていますが、コードの最小化は公式で認められています。

参考: Google AdSense ヘルプ

Google AdSenseの高速化やってみた

実際に自分のサイトで試したので、再び「Tink with Google」で計測、比較してみました。

DNSプリフェッチ設置では、75点。
平均数値ですが「インタラクティブ」は7秒と遅めでした。

読み込みコードの一元化では、75点。
「入力の推定待ち時間」がさきほどより遅くなりました。

そこで、DNSプリフェッチ&コード一元化を合わせて使ったところ、96点という結果でした!
速度評価も全てクリーンになり「インタラクティブ」も3.3秒と短縮。「入力待ち時間」も10msなど改善されました。

合わせ技が大事なんですね~!

Google AdSenseの表示を少しでも高速化したい場合は、「DNSプリフェッチ」と「読み込みコードの一元化」は有効そうです。

また、そもそもサイト全体の表示速度が遅い場合は、サイトの重さとサーバー性能とが見合っていない可能性があります。

表示の遅いサイトは、それだけでサイト評価も落ちてしまいます。

そもそも読まれる前にユーザーにページを閉じられてしまうので、収益化にかなり影響が出ます。

特にWordPressなどのCMSを使っていると表示も遅くなりがちなので、レンタルサーバーの性能を上げることを検討してみましょう。