Google AdSense入金はいつ?
支払いサイクルまとめ

2020-05-28

ウェブページに広告を掲載して収入を得るGoogle AdSense。

ウェブサイトを収益化するとき、最初の収益源になるのがGoogle AdSenseという方も多いのではないでしょうか。

Google AdSenseの支払い日・支払いサイクルは、通常は一定の基準・周期で安定しています。

ただし、支払い基準額を途中で変更した場合などには、このサイクルに当てはまらない事もあります。

実際にやってみてちょっとびっくりしたので、ここでは、Google AdSenseの通常の支払いサイクルと、「支払い基準額」を途中で変更した場合の支払い日についてまとめてみました。

\項目をタップするとジャンプできます/

Google AdSense
通常の支払いサイクル

まずは通常のGoogle AdSenseの支払いサイクルを確認してみましょう。

Google AdSenseの見積もり収益は、1日~月末単位で区切られています。

その月の「見積もり収益」は月末日の0時を過ぎると集計されて、2日までに無効なトラフィックを除いた金額で確定され、残高に加算されます。

この時点で残高が「支払い基準額」を越えていると、その月の21日~26日前後に、指定の口座に残高の全額が振り込まれます。

支払い基準額に達する場合は、収益が出た翌月の21日以降に振り込まれる、というのが、Google AdSenseの支払いサイクルになっています。

支払い基準額は最小額で8000円と決まっていて、これ以上の金額なら、支払い基準額を自分で変更する事もできます。

途中で支払い基準額を
変更した時の振込日

Google AdSenseでは、支払い基準額を8000円ではなく、12000円や30000円などに設定しておき、数ヶ月ぶんをまとめて受け取る事もできます。

この場合、2日までの集計時点で支払い基準額を超えていれば、その月の21~26日前後に支払いが行われます。

通常の支払いサイクルと同じですね。

一方、最初は30000円などに設定していたけど、やっぱり8000円くらいにしておこう、と、途中で変更した場合はどうなるでしょうか?

変更した時点で残高が3000円など、「変更後の」支払い基準額に届いていなければ、通常の支払いサイクルと変わりません。

月末締めで集計され、2日までに収益額が確定、残高に加算されます。

この時点での合計残高が基準額以上なら、21日~26日前後に支払いがあり、基準額未満であれば次の月まで持ち越されます。

一方、変更した時点で残高が10000円など、「変更後の」支払い基準額を越えていた場合は?

この場合は、支払い基準額を変更した日に支払い処理がはじまり、早ければ翌日には指定の口座に振り込まれます

たとえば5月15日に残高が16000円あったとします。

この時、支払い基準額を8000円に変更すると、残高16000円が、早ければ5月16日に口座に振り込まれることになります。

Google AdSense
支払いサイクルまとめ

通常のGoogle AdSenseの支払いサイクルは、翌月はじめ(2日)に収益額が確定して、残高に加算されます。

ここで支払い基準額に到達している場合は、その月の21日~26日に残高の全額が指定の口座に振り込まれます。

途中で残高を下回る基準額に変更した場合は、早ければ翌日に、その時点での残高の全額が指定の口座に振り込まれます。

私は最初、途中で基準額を変更しても、支払いは翌月の21日以降にまとめて支払われるものと思っていたので、かなりびっくりしました。

支払い基準額をなんとなく高めに設定していた場合でも、残高が8000円を越えている場合は、支払い基準額を変更することで、すぐに収益を受け取る事ができます。

いつもと支払い日が変わる事もあるので、帳簿をつけている場合は、記入忘れや日付を間違えないように気をつけましょう!